お金を借りる

お金を借りる

お金を借りる

プロミスで50万円借りたことがあります。
正社員1年目で年収は300万円弱でした。
プロミスはパート・アルバイトも申込み可能です。

 

(公式)プロミス

 

 

またアイフル、モビットを審査したこともあり、こちらは審査落ちました。
プロミスを借りた後に返済トラブルを起こしたことが原因と判断しています。

 

プロミス、アイフル、モビットは上場企業のサービスですので、
お金を借りる時の安心感と利便性が高いと感じたことが選んだ理由でした。

 

今でも日々独自の新サービスを提供し、業界を引率していると感じています。
そんなゆかりのある3サービスのスペックと特徴を比較してみます。

 

プロミス

アイフル

モビット

振込

24時間最短10秒

通常対応

24時間スマホアプリ

審査

最短30分審査回答

最短30分審査回答

10秒簡易審査

金利

30日間無利息

30日間無利息

なし

電話確認

なしも可能

なしも可能

なし(web完結)

契約機

22時まで

22時まで

21時まで

返済額

月2,000円から

月4,000円から

月4,000円から

カード発行

なしも選べる

内緒で受取可能

なし(web完結)

公式サイト

プロミス

アイフル

モビット

 

振込について

プロミスは指定銀行口座を持っていれば、24時間最短10秒〜1分振込です。
指定口座は三井住友銀行かジャパンネット銀行です。

 

モビットはスマホアプリを利用してセブン銀行ATMで24時間受け取り可能です。

 

審査について

アイフルとモビットは「優先審査」をフリーコールへ依頼することができます。
またモビットは「入力項目の少なさ業界1位」で10秒簡易審査が可能です。

 

金利について

プロミスとアイフルは30日間無利息で、利用条件と適用開始日は以下となります。

 

無利息

アイフル

プロミス

利用条件

初回利用で全員

メールアドレスの登録

Web明細の利用

適用開始日

契約日の翌日

初回借入日

 

「条件なしで利用したい」→アイフル
「よりお得に利用したい」→プロミス

 

という選び方がおすすめだと思います。

 

電話確認について

モビットは電話確認なし・カード郵送なしの「web完結」を選ぶこともできます。

 

また共通して「他の確認方法」をフリーコールへ依頼することもできます。
会社が定休日、自分が終日外出、受付が不在など、正当な理由があれば対応してくれます。

 

契約機について

最寄りの契約機でカード発行すれば、曜日問わず当日受取りが可能です。
契約機の営業時間はプロミスとアイフルが22時まで、モビットが21時までです。
(契約機によって異なる場合があります)

 

銀行カードローンでお金を借りる

今までお伝えしたのは消費者金融のカードローンですが、
カードローンには銀行が発行しているものもあります。

 

借入限度額の高さやおまとめローンなど専門ローンも提供しているメリットがあります。

 

みずほ銀行

楽天銀行

東京スター銀行

特徴

web完結申込

専業主婦も可能

おまとめローン

最高限度額

800万円

800万円

1,000万円

金利

年2.0%〜14.0%

年1.9%〜14.5%

年5.8%〜14.8%

公式サイト

みずほ銀行

楽天銀行

東京スター銀行

 

お金を借りる時のまとめ

消費者金融

銀行カードローン

審査

最短30分審査回答

即日〜3日程度

受取り

24時間対応も可能

即日〜1週間程度

最高限度額

500万円程度

800万円程度

最高金利

18%

14%程度

 

「急いでいる」「知られたくない」方は消費者金融(プロミス、アイフル、モビット)で、
「大きく借りたい」「おまとめしたい」方は銀行カードローンが、
お金を借りる上で適していると思います。

 

今後お金を借りる時の参考のひとつになれば幸いです。